IGTクリニック 血管内治療について
医療法人 龍志会IGTクリニック ロゴマーク
予約電話番号
072-463-3811
受付時間
月・火・水・金・土 8:30~19:00
血管内治療

IGTクリニックの

血管内治療は

「がん」を

小さくすることを

目的にしています

この技術は

「子宮筋腫」

にも適用できます

-血管内治療-

当院が行っている血管内治療は、カテーテルと呼ばれる細い管を、『がん』を栄養する動脈に進め、なるべく『がん』だけに薬を注入し、薬が流れ去らないように動脈に蓋をしておくという治療です。この技術により注入する薬を大幅に減らし、臓器の障害を最低限度に抑えながら、『がん』を小さくするのを目的にしています。

この技術は『がん』にだけでなく子宮筋腫の患者さんにも適用できます。

今後開発される貴重な薬剤や培養細胞をいろいろな臓器や病巣に届けるための技術として、さらに発展が期待されています。

-治療の流れ-

1
外来で画像検査・画像診断

正確な画像診断を行います。病巣に至る血管をCTやMRで正確に描出します。

これらの画像検査は外来で行います。

血管の走行、腫瘍を栄養する動脈、腫瘍の形などを最新の検査で立体画像化します。

検査に必要な時間は15分程度です。

2
血管内治療

治療室では、主に足の付け根に局所麻酔を行い、ここからカテーテルを大動脈まで挿入し、カテーテルの中に直径1㎜程度のマイクロカテーテルを挿入し、目的の動脈まで進めます。

次にマイクロカテーテルの先端が最適の位置にいるかどうかを、CTを用いて確認します。

マイクロカテーテルから薬剤を注入し、そのあと塞栓術を行い、腫瘍への血流を止めます。

平均の治療時間は1時間半から2時間程度です。

3
術後入院~退院後

治療後、ベッド上の安静時間は3時間で、そのあとは歩くこともできます。入院は術後1日か2日です。

 

【合併症について】

カテーテル操作によるもの、抗がん剤によるもの、塞栓術によるもの、体の反応によるものがあります。

基本的には重篤な合併症は多くありませんが、人によって反応は異なります。多くは3泊4日の入院中に改善しますが、発熱等が1週間程度続くことがあります。10日は自宅安静が必要です。

4
治療後経過観察

約1か月後、経過観察のため外来受診していただきます。

治療の効果判定を行い、今後の治療方針を決めていきます。

血管内治療の適応疾患

【悪性腫瘍】

『がん』のうち固形がんと言われる塊を作り、症状の原因となったり、臓器不全を来たしたりするタイプが対象になります。

脳腫瘍は神経障害をおこすため適応にはなりません。

【子宮筋腫】

症状のあり、閉経前の方が対象になります。

血管内治療の
「がん種別」適応

肝臓がん

肝臓の場合は特にTACE(Transarterial chemo-embolization) と呼ばれる治療です。

血管内治療が最初に用いられたのが肝臓がんです。

長い歴史があります。

すべてのステージの患者さんに適応できますが、一般的には手術のできない患者さんや、他の治療が効かなかった患者さんが適応になります。

血管内治療技術の進歩により過去には治療できなかった患者さんも適応になります。

肝細胞がん症例CT画像(初発例)
肝細胞がん症例CT画像(初発例)
肝臓の右葉に腫瘍があります。手術も可能ですが、TACEの良い適応です。
肝細胞がん症例CT画像(多発例)
肝細胞がん症例CT画像(多発例)

手術、ラジオ波治療は適していません。

全身化学治療かTACEが選択されます。

乳がん

乳がん治療に関しては標準的治療が確立していますが、標準的治療に反応しなかったり、標準治療を選択することができない患者さんが適応になります。

また、再発転移の患者さんも血管内治療の良い適応になります。

肺がん

最近のカテーテル技術の進歩で気管支動脈などの細い動脈も治療できるようになり、肺がんの患者さんも治療ができるようになりました。

胆管がん

肝臓に腫瘤を作るタイプの胆管がんは良い適応となります。

膵がん

膵臓にあるがんそのものは治療できませんが、肝転移、肺転移は治療の良い適応です。

胃がん

胃の壁は複数の血管で栄養されていますので、胃の動脈に塞栓術は可能です。

胃がんの原発巣も縮小が期待できます。

肝転移は良い適応になります。

大腸がん

大腸の原発巣には適応できませんが、肝転移、肺転移の治療には十分力を発揮します。

子宮がん

手術や放射線治療ができない患者さんや、再発の患者さんは良い適応です。

肝転移、肺転移にも適応できます。

頸がん、体がんに関わらず行うことができます。

卵巣がん

標準的な治療に反応しなかった場合、原発巣、肺転移、肝転移共に良い適応になります。

膀胱がん

手術、放射線治療に反応しなかった場合や、再発を来たした場合、よい適応になります。

腎臓がん

腎の原発巣には適応できませんが、肝転移、骨転移、肺転移は適応になります。

その他

頭頚部がん:手術、放射線治療後の再発は適応になります。

整形外科領域のがん: 手術、全身化学療法、放射線治療後の再発は適応になります。

整形外科領域の良性腫瘍:巨細胞腫、デスモイド腫瘍

適応症例を見る
血管内治療が「適応できない場合」

心不全、肝不全、腎不全などの臓器の機能不全がある方

治療することにより重篤な副作用が起こる可能性のある方(脳腫瘍、大腸腫瘍、膵腫瘍)

動脈硬化が強く、病巣に至る血管に高度の狭窄、閉塞がある方

抗がん剤に強いアレルギーを持つ方


上記事項の当てはまる場合は、当院では血管内治療を適応できません。予めご了承ください。

がん以外の血管内治療の適応

子宮筋腫

閉経前の症状のある子宮筋腫は良い適応になります。

子宮動脈に選択的にマイクロカテーテルを挿入し、血流豊富な子宮筋腫の血流を止めることで、子宮筋腫の縮小を図ることができます。

約8割の方が、1回の治療で症状が改善します。

当院では球状塞栓物質の中に局所麻酔薬を染み込ませて治療しますので、術後の痛みは軽減されます。3泊4日の入院で治療を行うことができます。

 

【合併症について】

人によって大きく異なります。退院後、10日ほど発熱が続くこともあり、術後10日ほどは自宅安静が必要です。

〒598-0047 大阪府泉佐野市りんくう往来南3番41
メディカルりんくうポート 3階・4階・5階

りんくうタウン駅より徒歩10分

有料駐車場併設94台あり
アクセス・周辺情報
メール(郵便)相談外来ページへ
FAX 072-464-8544